アロマ調香デザイナーの齋藤智子です。

タイトルの、「薫りを作るひと」のこと。

rose

近頃「アロマブレンド、アロマ調香」のお仕事がぼちぼち増えてきているので

私のところでアロマ調香を学び、アロマ調香デザイナーとなって一緒に薫りを作ってくれるひとが欲しいな、というのと

純粋に、アロマ大好き、アロマブレンドが楽しい!

というアロマを使いの方が増えてくれたら嬉しいなという両方の想いがあります。

* * *

私が今のこのお仕事をするようになるまでは、いろいろな道のりがありました。

まずアロマっていい匂いだな。そう思って精油の瓶を買ってみたのが1998年頃。
その後に、ニールズヤードのスクールに通い、AEAJのインストラクターなどの資格を取りました。

この頃はまだまだ「アロマセラピー」そのものの認知が低く、
「癒し」、「贅沢」、「エステ?」そんな状態でした。

その後に、ようやく一般的にも「アロマ検定」でOLさんの習い事として人気がで始めたり
アロマディフューザーなどがインテリアなどに登場して、
それがだんだんと流行り始めて、今ではあちこちでかなりいろいろな種類のアロマグッズが売っていますね。

ですが。

天然香料であるアロマを使っているものとして、気になることがあります。

インテリア用の芳香グッズとして売られているものの大半は
「合成」で作られた香り、つまり合成香料のアロマグッズであることがやはり多いです。
これは合成香料のルームフレグランスやリードディフューザーがいけないとかそういうことではありません。

合成香料のいいところは
桃の香りも、ぶどうの香りも、なんでも作ることができます。
しかも強く香ります。
そして圧倒的に価格が安くなります。

例えば大企業の洗剤やトイレタリー商品で考えてみると。
工場生産で、大量の商品を作ることを考えると
精油のように、1滴15円のラベンダーや、300円のローズなどのコストはかけられない。
そういう時に、天然香料に含まれる数百ある芳香成分の中の、「幾つかの特徴な成分をを合成で作る」ことで
コストダウンにつなげらて、何よりも香り自体はとても強く香るのです。

ね。
こういうこと。

aroma_blend

私たちが伝えている「アロマセラピー、アロマテラピー」というものは
【芳香療法】なんです。

植物が持つ数百と言われる芳香成分が、絶妙にお互いに混ざり合いながら、私たちの呼吸とともに体に取り込まれ
その成分の薬理作用と言われる様々な力が、私たちの心や体に良い働きをしてくれるのがアロマセラピーなのです。
だからこそ私は、精油の品質・どこで取れたどういう香りなのか。そこがとても大切だと思っています。

オーガニック認証だから良い、ということではありません。
(もちろん土壌として農薬を使わない、ということは植物本来の力を活かすという意味ではとても大切な要素だと思います)
生育している状況、香り、農家の顔が見えるような精油かどうか。

ここが私の中ではとても大切なところ。

アロマで使う精油は、本来食べ物、飲み物ではないので、飲めるから安心とかそういうことではなく
あくまでも、「香り」としての質。生産者の姿勢。信頼。

この上で成り立つものだと思っています。

香りを嗅いでみて、自分の鼻や脳、感覚として「あ、いい香り!」そう思えるものだけを使いたい。

いつもそう思っています。

orangeneroli moss

そして今年の1月から、これまで私自身が学んできたアロマセラピーを総合的に、また、ブレンドをより実践的に学ぶことができる「アロマ調香デザイナー講座ベーシック、アドバンス」がスタートしました。

これまでの私の学び、

・JAI(Jasmine aromatique institute)アロマプロフェッショナルコース:1年コース 360時間
・JAI(Jasmine aromatique institute)精油ブレンディングフォーミュレーターコース 18時間
・二ールズヤードレメディズ(NEAL’S YARD REMEDIES):アロマインストラクターコース 50時間
・@アロマ:アロマ空間コーディネーターコース 20時間

内容としては、アロマテラピー概論、精油の化学、生理解剖学、精油のブレンド、フルボディートリートメント、レッグ&フットケア、リンパドレナージュ、オーガニックフェイシャルトリートメント、介護アロマケア、スパサロン実践講座。
そしてアロマセラピーの他にもメディカルハーブや、ベビータッチケア、ナードベーシック講座などいろいろな方向から学んできました。

これらはもちろん少しずつの積み重ねです。
時間がかかったものもあります。

そしてこれを学んだ後に、さて、これからどうしよう?

そう思った時に、「私はやっぱりブレンドが好きだから、そこを強みに。」というところに行き着きました。

ところがブレンドは学んだから終わりではありません。

先ほども書きましたが、農作物であるアロマセラピーの植物は、
同じ土地でも毎年香りが微妙に変わるのです。

同じ組み合わせの精油でも、やっぱりブレンドした時の香りが変わるのが難しさでもあり醍醐味でもあるのです。

そのいろいろな楽しさ、難しさを一緒に学ぶ「アロマ調香デザイナー講座」。

私も毎回新しい発見があります。

是非皆さんも一緒にたくさんの香りを嗅ぎ、組み合わせを実践してみて、一つの香りを作る。
そして、その技術を使って、一緒に香りの仕事を作っていきましょう。

第4期アロマ調香デザイナーベーシック講座は10月15日、16日。
第3期アロマ調香デザイナーアドバンス講座は12月2日、3日、4日です。

気になるという方、ご質問なども

無料ガイダンスは随時開催していますのでお気軽にご連絡くださいね。(スカイプ、LINE、お電話でも可能です)

お問い合わせは>>こちらから<<

一歩先行くアロマセラピスト、アロマ調香のプロになりませんか?

aroma_blend_lesson2