この冬は、来年に向けてこれまでとはまた違った、素敵すぎるご縁をたくさんいただいています。

様々な業界の方たちなのだけれど、日本、老舗、伝統、技術。そして京都へ緩やかに繋がっている。そんな感じ。
繋がるときってそういうことなのかな。

100年以上の歴史がある老舗。
手仕事を丁寧にされている皆さまばかりです。

でも、その確かな技術と、そこからさらに一歩新しい挑戦をされている。

伝統と、革新と。いいものをいい形で伝えていくことって大切だなと思います。

こんな風に淡々と書いてますが、身震いするほど楽しみです。本当に


嬉しいので、ローズ×フランキンセンス。笑

1滴のローズには30本とも100本とも言われるバラの花が使われています。それほどなかなか精油がとれない採油率が低い高価な精油なのです。
だからこそ、貴重で、濃厚で、複雑に絡み合ったその香りは、やっぱりパワフルで、素晴らしいなと思います。

ここぞの時には使いたい、そんな組み合わせ。

rose