designer1齋藤智子です。

今日はちょっとアロマの仕事の話を。

アロマ調香デザイナーの養成講座(ベーシック、アドバンス)を始めたから1年半。

講座の開催と並行して、企業や個人の方のオーダーメイドの香りをお作りする仕事も増えています。実はいただく案件は前年と比べて5倍以上。

数も内容もかなり大きくなっています。

お打合せをさせていただくときに、企業のご担当の方がおっしゃる共通の言葉がいくつかあります。

データだけではない感覚的な部分。少し前までは二の次三の次だったキーワードかもしれません。それだけ、私たち人が心地よく過ごすことが様々なサービスにとっても不可欠、という流れが出て来たということなのだろうと思います。

そんな中、アロマ調香デザイナー講座のお問合せもよくいただきます。北は北海道、南は沖縄まで。本当に嬉しいです。ありがとうございます。

受講生の多くは、すでにアロマやハーブなどに携わっていらっしゃる方たち。(もちろん初めての方もいらっしゃいます)アロマの基本はあって、プラスαで、このアロマ調香デザインを学びたい、といって来てくださる方が多い、ということですね。

実際、アロマ講師やアロマセラピストと呼ばれる人は星の数ほどいる今。

何を伝えたいか、ということはとても大切。

この講座では、アロマブレンドをどんどん作ること。

そして、仕事に繋げてきた私の実体験もさらけ出し(笑)そんなお話ももちろんじっくりします。

私自身、何年もアロマを学んで来て、たくさんまわり道もしました。もっと早く気付けば、ということも山ほど。結果的に無駄ではなかったかもしれないけれど、いや、1人走っているつもりで、全然動いていなかったこともかなりある、、(笑)

綺麗事でもなく、もがいていた。そんな感じの時期もありました。

ここ数年で、アロマ調香デザイナーとして仕事をいただくようになりましたが、アロマセラピー、アロマセラピスト、という癒しや、心や体にいいものなんだよ、だけではなく、また少し違うものに向けてひろがっているし、繋がっているなと感じます。

さて。そんなわたしの実体験満載の本音の講座。

次のアロマ調香デザイナーベーシック講座は

東京 第8期は7月1(土)・2日(土)満席となりました。

京都 第1期は6月29(木)・30(金)満席です。

初の4日連続。私は京都講座が終わったらすぐ戻り、翌日2日間。

がんばります(笑)

ひとつ、ご質問がありましたが、期をまたいでの受講ももちろん大丈夫です。

他にもご質問などあればお気軽にお問合せフォームからご連絡ください。

アドバンス講座も今週中にご案内いたしますね。

blend