BLOG

365日のアロマ:Perfume

365日のアロマ:Perfume

アロマを学んだ人なら
きっと見たことがあるこの写真。
この春行ってきたパリのLe musee Fragonard
フラゴナールの香水博物館の展示。

精油を抽出する方法のひとつ
冷浸法。
アンフルラージュ法ともいいます。

ジャスミンやチュベローズなどの花の繊細な香りは
熱をかける水蒸気蒸留法だと香りが変わってしまったり、
香りが取れないので牛脂などに花を貼り付けて、
その芳香成分を移します。
花がしおれたらまた新しい花に交換して10回.20回と繰り返し
脂が飽和状態になったら、最後にエタノールに溶かして香りを取り出す。

という長い行程を経てとれる香り。
これをアブソリュート、といいます。

映画『香水:ある人殺しの物語』。

天才調香師が究極の香水を作るお話。
薄暗いフランス映画ですが、独特の妖しげな雰囲気が好きで、何度も観ている映画です。

この中に、フランスのグラースで行われている、アンフルラージュのシーンが出てきます。

ジャスミンやチュベローズでいっぱいの工房、
むせかえるような濃厚な香りだったんだろうな。
なんて思いを馳せながら
今日のブレンド。

sweetorange
bergamot
jasmine
tuberose
sandalwood
vetiver

濃厚なジャスミンとチュベローズの花を軸に
オリエンタルの雰囲気をプラス。
コクのある香り。
チュベローズは月下香ともいいますが、この文字、それだけで香りそう。

Instagram:@tomoko_saito_aromadesigner

関連記事一覧

  1. 365日のアロマ:AMANO ROSE
  2. 365日のアロマ:未来
  3. 365日のアロマ:冷静と情熱
PAGE TOP