BLOG

ラベンダーの香りの違い(2)

ラベンダーの香りの違い(2)

My basicのアロマの話。
気まぐれに書いていますが。

今日は前回の真正ラベンダーとは違うラベンダーのこと。

スパイクラベンダーSpike Lavender

学名:Lavandula latifolia、Lavandula spica
主な成分:リナロール、1,8-シネオール、カンファー、α-テルピネオールなど

この前書いた、いわゆるラベンダー(真正ラベンダー、イングリッシュラベンダー)と言えば、リラックス作用が有名。
アロマ=ラベンダー、と思っている方も多いですね。
それは、「酢酸リナリル」という成分に
神経系鎮静作用が期待できるところからそう言われます。

ところが。
スパイクラベンダーには、
この酢酸リナリルが含まれていません。
つまり真正ラベンダーとはかなり異なる性質なの。

共通する成分は、リナロール(アルコール類)。
約40~50%含まれています。
この他に、特徴的な成分として、
シネオール20~30%
カンファー10~20%
ほど含んでいます。

これは何かというと、スッとした樟脳のような香り。
甘さがほとんどなく、スッキリ爽やか。
男性の香水に使われることも多く、
男のラベンダー、とも言われます。

カッコいいラベンダー。

そんなイメージ。
ちなみに、真正ラベンダーには、
シネオールやカンファーは含まれません。

この他に、ラバンジンというラベンダーがあります。
ラバンジンは真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交配種。
スパイクラベンダーとラバンジンのエッセンシャルオイルは香りが似ています。
ぜひ嗅ぎ比べてみてね。
(私のアトリエにもあります)

今日は資料作り。
集中したいので、サラリと流れるスッキリ目の前が明るくなる香りで。

grapefruit
rosemary1.8cineol
spikelavender

皆様もステキな金曜日を。

関連記事一覧

  1. 365日のアロマ:Chocolat
  2. 365日のアロマ:Spring in Paris
  3. 365日のアロマ:香りのこと
  4. 365日のアロマ:アロマキャンドル
PAGE TOP