BLOG

365日のアロマ | 琴線

365日のアロマ | 琴線

心の琴線に触れる

そんな話をした。

琴の糸。
比喩的に、物事に感動・共鳴しやすい
感情をあらわした言葉。

人にはそれぞれ秘めた感情があって
感覚的に合う、合わないだけではなく
内に秘めた気持ち
渦巻く感情
最初から(意図せずとも)出せない部分
そこに触れたときに
本当にわかりあえるのかもしれない。

そんな心の奥に触れられるような
思わず感情が出てしまうような
香りを創れたら、そう思う。

パーソナルの香りを創るときは
その方にフラットに向き合い
話したいことをお話ししていただく。

自分の未来像
これからやりたいこと
最近ワクワクすること
香りを身に纏ってどうなりたい?

そして、
お客様ご自身がお話したいこと。
本当のところを引き出していく。
それがセラピストの技でもあり。

その香りがその人の味方になる

ということを
アロマブレンド、
アロマ空間演出、
いろいろな方法を使って
アロマをあまりわからない、
という方にもっともっと
伝えていきたいと思う2019年。

no.5911
bergamot
rose
frankincense

古くからヨーロッパでも
ずっと使われてきた薫りを
シンプルにシンプルに組み合わせて。

写真はミラノのドゥオーモの
地下の小部屋にて。
ひっそりと下がる燭台。
心が包まれるような部屋でした。

香りのオーダーはお気軽にご相談ください
https://saitotomoko.com/matou/

Instagram:@tomoko_saito_aromadesigner

関連記事一覧

  1. 365日のアロマ | アロマキャンドル
  2. 365日のアロマ | クリアに
  3. 365日のアロマ | ラベンダーの香りの違い
  4. 365日のアロマ | ヨルノヒトリゴト
PAGE TOP