東山三条の町家で愉しむ

かおりあそび
– kaori asobi –

かおりあそび– kaori asobi –

日本には、美しい四季があります。そして、それぞれの季節にあった、香り、装い、お菓子などを楽しむ文化があります。アロマ調香デザイナー 齋藤智子が、薫りの原点となった京都で主宰する薫りの会「かおりあそび」は、年に数回、それぞれの季節を最も味わえる時期に開催をしていきます。

愛する京都、東山三条にある趣のある町家で行う大人の「かおりあそび」。

これは、一般的なアロマセラピーとは少し趣向が違う、香りの会です。京都には、旅行に訪れた方がお着物の体験や、お茶の体験は数多くあります。ですが、「香」そのものをたのしむ体験はほとんどないということに気づきました。私自身、お香からこのアロマセラピーの世界に入った一人です。

白檀の落ち着いた香り。
ヒノキや松のような、森林の香り。
ゆずや伊予柑などの柑橘の香り。

そんな日本に昔からある香り、そして香りの物語をお伝えしながら、こだわりの精油を調合した薫りを当てる。それは、この忙しい現代で、すっと集中する時間はとても心地よいものになるのではないか。そこから始まった、一つの形です。

かおりあそび– kaori asobi –

「かおりあそび」は、京都三条に佇む京町家「懐古庵」で行う、香り、静寂、空間をたのしむ大人の香りの会です。香りをあそぶ空間は、大正時代から続く京町家。100年の歴史が感じられる特別な場所で、人々の暮らしが息づく町家の凛とした空間。

そしてここで行うのは、新しい香りのたのしみ方。日本の伝統的なお香のエッセンスと、西洋で4000年以上の歴史があるアロマセラピーという馴染みのあるスタイルを組み合わせました。二十四節気や京都の伝統行事になぞらえて、京都産の精油を使ったブレンド(調香)アロマの香りを聞き(嗅ぎわけ)、ひとつの香りを当てていく新しい香りのゲーム。

この「かおりあそび」は、誰でもできる簡単なお作法と、五感全部を研ぎ澄ませる、集中した時間。空間です。これまでよりも一歩深く京都を体感できる時間になるはずです。また、五感で京都を感じていただくため、地元の名水でいれたお茶や、季節のお菓子など、京都ならではのおもてなしもご用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

かおりあそび

  • 開催日時:調整中
  • 場所:懐古庵(京都市左京区新間之町仁王門上ル)
  • 講師:齋藤智子
  • 含まれるもの:参加料、お茶、お菓子、香りのお土産

内容

  1. 最初にアロマ調香デザイナー齋藤智子がその季節に合わせておつくりしたアロマブレンドオイル「きょうの薫り」を聞いて(嗅いで)いただきます。
  2. 次に数種類のブレンドオイルを順番にお回ししますので、どれが「きょうの薫り」かを当てていきます。
  3. 京都産の精油をはじめ、日本の和精油もふんだんに使った一味違うアロマの楽しみ方です。

PAGE TOP