BLOG

香りと色と成分と

香りと色と成分と

昨日の調香シーン。
(ビーカーには☺︎ちゃんマークがあったりするのだ)

100%、植物から抽出される
アロマの精油。
エッセンシャルオイルとか、
エッセンスとも言います。

色もこんなにカラフル。
あ、これはそれぞれ、
10種類ほど精油を調合をしたブレンドオイル。

ひとつの精油に、数百の芳香成分が入っていて、
それを10種類組み合わせたとすると
とてつもない数が複雑に絡み合って、
このブレンドオイルの香りを作っている。

しかも、
同じ畑でも毎年香りが変化するのが
天然の植物ならでは。

農産物です。
精油って。

ある特定の成分で科学的データはとられたりしますが、
精油の場合、その他のなにやらわからないよ、
という微量の成分が含まれているからこそ、
このやわらかい、優しい香りになっているし効き目もある。
科学者の方もそう言います。

彼らがいうには
科学の力でも植物と
そっくり同じ成分は作り出せないんだそうだ。
だから植物ってすごいな、
とおもう。
まるっとそのままだから、いい。

その反面、植物は毒にも薬にも。
香りの成分だけじゃなくて
様々なものが含まれるのが天然の植物。
自然が生み出して、その形になっている。

だから、気をつけた方がいいよ、
の成分を学ぶことって大切。

使い方次第です。
それが自然の一部を使わせていただく
ルールであり、マナーなのだと思う。

さて。
香水レッスン、久しぶりの開催です。
全国あちこちからお申込みをいただいています。
アロマ、香りを
まずは嗅いで、感じて、楽しんでいただけたら。
そう思います。

IAPA認定アロマ調香講座 アロマ香水レッスン

関連記事一覧

  1. NOHGA HOTELの香り
  2. Candy Boy奥谷くんプロデュースのアロマフレグランスが発売
  3. 脳×アロマ×睡眠
  4. russet2017SSカタログ掲載
  5. 世界一のインテリア見本市・ミラノサローネで使っていただく薫り作り
  6. &Storiesで連載がスタートしました
PAGE TOP